スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



『ばかもの』
JUGEMテーマ:映画
 地元高崎の大学で気ままな生活を送る19歳のヒデ(成宮寛貴)は、
近所のおでん屋で27歳の額子(内田有紀)と初めて出会った。
額子はヒデを部屋に連れ込み、半ば強引に童貞を奪ってしまう。
ヒデは額子にのめりこんでいく。
ある夜、額子はヒデに唐突に他の男との結婚を告げる。
そして茫然自失のヒデ。
虚しさを紛らわすかのように、ヒデは酒に手を伸ばした。
酒に蝕まれたヒデは会社で疎まれ、恋人や友人は去り、酒を飲み続ける。
事故を契機にヒデはアルコール依存症の治療を受け、快復していく。
額子と出会ってから10年もの年月が流れていた…。
額子に会いたい。気持ちを抑えられないヒデは、額子が住んでいる街へ。
忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる想いが溢れだす…。

成宮君と内田友紀、いい配役です。
内田友紀の年上のお姉さん、そりゃハマルと思います。
童貞を奪う、見捨てる、結婚する
そんな悪女に・・・本当に気の毒、若干20歳の人生も狂っちゃうよ
アルコール依存していく姿は、なぜか共感した
真面目な彼女も、友人も家族も、皆離れていく
本人も、周りも 本当に辛い
人間壊れていくと 修復は難しい

でも 彼女も同じように自分を責め続け、自らも身体障害者となり
一生懸命生きていた。
2人の再開、懐かしくて、でも苦しくて

額子が、「右手を洗ってほしい、わき毛もそってほしい」と
左手がないから、本当に困っているから彼に頼む
「あなたとセックス以外にどうやってつながりをもてばいいの!」の悲痛な叫びに
感情移入・・・
やっと彼が来てくれた
彼とずっと一緒に暮らしたい
でも 素直になれない、彼の人生を歪めたという責任を感じてるし
自らも障害者であるということ

彼も彼なりに彼女を支えたい、でもまた捨てられるのが怖いという恐怖がある
お互いはがゆい

でも 素直にならなあかんなと 学んだわけで
周りの助言も、忠告も、関係なくなるほどどうしようもなく突き動かされることはあるわけで
お互いが納得して一緒にいたいなら 仕方ないわけで
とことん納得するまで一緒にいたらいいと 私は思うのだけれど

この映画は すごいタイミングで出会いました
この映画のおかげで、私の中で考え方が変わった

こうした方がいい こうした方が幸せ、周りも納得する
ではなく
こうしたい、こうなりたい

とことん追求すべきかなと
ボロボロになっても 自分が決めたことなら いつかは周りも理解してくれるかなと
ひらめいた訳で

ありがとうと言いたい気分です
| 90点 | comments(0) | - |



『男と女の不都合な真実』
アビーは美人の敏腕TVプロデューサー。
ロマンチックな恋愛にご無沙汰…。
そんな彼女が“このヒト!”と思うコリンと出会う!
そんな中、男の本音トークで高視聴率を稼ぐマイクと番組を組ませれる。
下世話なエロトークを飛ばし、イケ好かない男だが、
コリンと上手くいきたければ俺の言うことを聞けと言うマイクに、
戸惑いながらも従っていくアビー。
すると、彼女の恋愛事情が急激に変わっていくが…!?

女優さんが地味なりにもイイ味出てます
感情の移りゆく変化が よく分かる
マイクは、p.sアイラブユーで好演だったジェラルド・バトラー
体中から色気ムンムン出てます クラクラします

ストーリーのテンポにアップダウンが無かったのが残念
でもホテルでのエレベーターのキスから
部屋をすごすごと出て行くマイクを追いかけるアビー
ちょっとせつなくて でも何故マイクは諦めた?!と
一喜一憂する場面は良かったです


| 80点 | comments(0) | - |



『理想の彼氏』

サンディ(キャサリン)は年上で裕福で、頼りがいのある“理想の彼氏”と結婚
ところが、夫は長い間、浮気していた!

激怒したサンディは、二人の子供たちを連れて離婚、
40歳にしてニューヨークで新しい生活を始めた。
そして恋に落ちる。彼の名はアラム(ジャスティンバーサ)。24歳、職業はフリーター
恋の決定打は、お金や地位では買えない、ピュアなハート
全てが目新しい相手に夢中になるサンディ。
果たしてサンディは、過去のルールを踏み外し、アラムとの人生を選択するのか?

キャサリンが自立しようと頑張る女性を熱演してます
素敵です あこがれる
仕事の帰りの遅い彼女を部屋で待ち ベビーシッターをし 夕飯を作り 
まるでソファのように彼女を支えるジャスティン 適役!
あんな彼氏 重宝するやろな〜 若いしHの相性良ければ最高ですやん

「元旦那は私から言葉を奪ってしまうようなヤツなのよ」とキャサリン
元旦那が現れ何も言えなくなった彼女に ジャスティンが助け船を出す
ええ男やないですか ここぞと言うときに頼りになる!

妊娠が発覚し 結局流れてしまい 2人は別れることになってしまうのだけれど
別れてお互いが違う人生を精一杯生きることで 
一緒にいる時間以上にお互いを思い続け お互いを高めあえたんだと思う
ラストシーンで机の下でこっそり手をつなぐところが 
離れていた時間が長くても 人の気持ちって繋がってるんだなと
とても温かい気持ちになれました
| 80点 | comments(0) | - |



『サヨナライツカ』
 
1975年、灼熱のバンコク。
金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、
ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。
ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。
しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に婚約者がいた。
期限ある恋、かなわぬ恋だとしても、自分は彼を愛し続ける
沓子は、愛することこそが本当の愛だと気付いてしまった。
そしてふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが
人は死ぬ前に、愛することを思い出すのか、愛されることを思い出すのか
バンコク、東京、ニューヨーク。一瞬の熱情が、
25年の時を超え、一生の愛になる。

まずDVDを見ました
中山美穂と中島秀俊との 激しい絡みと情景は見ているだけで…+.゜(*´∀`)b゜+
別にいやらしい意味ではないけれど とても魅力を感じる映像でした
日活ポルノを思わせるような バンコクって熱い町なんだなと

期間限定の恋なんてしたことないし 逆に割り切ってるからこそ燃えるのかもしれないけど
結局遊び目的で始まった恋も本気になる ミイラトリがミイラになるってこのことなのかと
本気になればなるほど 相手を独占できないもどかしさ
身を引かなければならないことの歯がゆさ
相手を思えば思うほど 相手に幸せになってほしいから 
そして姿を消し 25年間 彼を愛し続け待つ訳だけれど

こんな辛い恋 身も心もボロボロになるような恋
したいとかしたくないとかそんな次元じゃなくて 出会ってしまったら仕方ない
2人は結ばれなかったけど 愛し抜いたんだと思う

豊と沓子が再開し、食事を取るシーンで
「俺は長い間 何をしてきたんだろう」と豊が自分の過去を振り返り責める
「あなたは会社と家族のために一生懸命してきた 立派なことだ」と沓子が答える
それが全てだったんだと思う

そばに添えなくても 心は添っていた
そんな人に巡り会えただけでも 幸せなことなんじゃないかなあ

ただ
「愛してる」と言えなかった豊の後悔は辛い
死んでからでは伝えられない
愛してる人には 愛してると 誠意を持って伝えよう!
この映画から学んだ大切なことです
| 90点 | comments(0) | - |



『ナショナル・トレジャー2』
JUGEMテーマ:映画
 1年ぶりの更新(。´Д⊂)
映画は見てるんですけどね…

ナショナル・トレジャーは1も大好きで食い入って見てました
ラストまで飽きさせない展開
今回は私の大好きな エド・ハリス様が出ているので
その渋さに酔いしれ堪能させて頂きました
…大統領役人も渋かった

宝探しものはあの古くさい地下通路なんかをランプ片手に探し歩く感じが好きで
おそらくグーニーズの頃から
ラストは絶対見つかるんだから安心して見れるし
今回もお宝発見でめでたしめでたしです

ニコラスケイジもその父親も
宝探しに関しては家族そっちのけでのめり込む癖があり
お陰で奥さんには去られたりする訳だけれど
まあ最後にはよりを戻した感じなので
もし3があったら離婚後に再協定…
アルと思います!


| 80点 | comments(0) | - |



『スウィートノベンバー』
「11月だけ私の恋人にならない?」
男性(キアノリーブス)を取り巻く仕事生活が自由奔放な彼女(シャーリーズセロン)との出会いによって一変、彼女中心の生活に変えられていく。次第に彼女を愛するようになるのだけれど…

情景がとても綺麗で、部屋のインテリアも彼女の服装も素敵で、そんな彼女に魅せられていく彼もまた素敵です。キアノリーブスははまり役だと思う。シャーリーズセロンは色恋ものよりもっと違うハマリ役がありそうだけれど…それはさておき、ストーリーとしてはとてもイイ作品だと思います。
彼女は最初から遊び相手として、それは最期まで一環して貫いた訳で誇らしいなと思う。そりゃ一緒になりたかっただろうけど、自分を綺麗なままの思い出として彼に覚えてて欲しい…という意味では愛ではなく恋だったんだろう。一方彼女の全てを受け入れ最期まで添い遂げたいという彼の気持ちは愛だったんだろうなと、切ない別れだったけれど、男と女の価値観の違いというか、本質の違いを学んだ映画でした。
おすすめ点数80点
| 80点 | comments(0) | - |



『死ぬまでにしたい10のこと』
 パッケージが可愛いので アメリ的な雰囲気を期待してましたが
結構暗く、重々しく、考えさせられる映画です

主人公は24才、やさしい夫と子供が2人
17才でできちゃった婚してから家事・育児に追われ生活もキツキツな中頑張ってたが
自分が余命3ヶ月の命だと宣告を受け、今まで自分ができなかったこと、子供達に残しておきたいことをリストアップしていく。残された時間を 母親として、妻として、そして女として賢明に生きようとする姿に共鳴しました。
自分が亡くなった後のことなんか普段絶対考えない。でも残された家族のことを思えばきちんと考えておくべきかもしれない。いきなり母親がいなくなったら?心のよりどころである人がいなくなったら?そうなってから考えてたのではどうもこうも動けないかもしれない。
私も余命をもし宣告されたら彼女と同じように 冷静に自分の人生を見つめ直し、残された時間をどう生きたいのか形に残したい。それは自分にとっても周りにとっても意味あることだと思う。
おすすめ点数 85点
| 85点 | comments(0) | - |



『クレイマークレイマー』
 ダスティンホフマンの名作、クレイマークレイマーです。
瑛太主演の月9ドラマ「voice」第2話で映画の話が出て以来ずっと見たかった作品です。
やられました…
夫婦とは何なのか、仕事との掛け持ちの大変さ、子供にとって一番良い生活とは何なのか
見ながら考えさせられ、葛藤し、同情し、涙しました。

ダスティンホフマンは撮影当時、プライベートでも離婚騒動な中あの映画に出演したそうで
最初はそんな役できるわけないと思っていたが、監督の「自分自身を演じることが役者として一番難しいことなんだ」との言葉で揺れたそうです。
演技とは思えない、彼の切ない表情に何度もグッときました。

しかし、あれだけ頭に血がのぼりやすくてキレやすい父親でも、どうしようもない環境に置かれて本当に大事な者に気づくことができたらああも変われるんだなと。最期には人を思いやる言葉までかけられるまで変わってた。離婚がきっかけだったけれど、それで「気づき」を得たのは大事なことだったなと思いました。

子供がいる人には是非おすすめしたい一作!
ということでおすすめ点数95点!
| 95点 | comments(0) | - |



『恋人までの距離』
 アメリカ人男性とフランス人女学生が同じ列車に1人旅しているときに出会い、互いに人生観などを語り合い意気投合、列車を降り1泊2日の旅をするというストーリー
旅の開放感ってその人そのものを映し出すというか、非日常だからかいつもはそんな大胆な行動しないのに開放的になったり、映画を見ていてそんな印象を受けた
2人が夜になって本音を語り出し「あなたとならもし何があってもいいかなと思って一緒に列車を降りた」って女学生が言った時は、結局誘われるように誘ってたんじゃないの?!とつっこみたくなった。2人の別れのシーンも「また会いたい」って男子が言った後「そう言ってもらいたいって思ってた」といい、半年後同じ場所で出会う約束をするのだけれど、相手に思った通りのセリフを言わせるテクニックは女の方がたけてるなと思いました。やるな女学生。
きっと男は引きずっても、女は思い出としてサラッと忘れられると思います。
もうちょっと主人公の年齢を上げてもらって、30〜40代の一夏の恋に期待します。
おすすめ点数 80点
| 80点 | comments(0) | - |



『トゥルーマンショー』
JUGEMテーマ:映画
 ツタヤ旧作100円レンタル週間!頑張って更新します!
元気が出ないときにジム・キャリーの映画はおすすめです。
トゥルーマンという主人公は産まれてから生活の全てを監視されていて私生活丸見え。そんな中でも彼の正直でひたむきな人柄がやがて周りの人の心を動かしていく。
途中、奥さん役のココアを宣伝するかのような不自然な会話や、同じサイクルで散歩する隣人には笑えたが、全て仕組まれているという設定がすばらしくおもしろい。
最期のシーンのセリフが良かった。彼はその後どんな人生を歩んだのかと、あの巨大セットはどうなったのかが気になった。
監督役のエド・ハリスは大好きです!悪役(脇役)が多いけれどあの独特なまなざしがたまりません。
おすすめ点数 80点
| 80点 | comments(0) | - |





| 1/8PAGES | >>