CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
<< 『ナショナル・トレジャー2』 | MAIN | 『理想の彼氏』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



『サヨナライツカ』
 
1975年、灼熱のバンコク。
金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、
ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。
ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。
しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に婚約者がいた。
期限ある恋、かなわぬ恋だとしても、自分は彼を愛し続ける
沓子は、愛することこそが本当の愛だと気付いてしまった。
そしてふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが
人は死ぬ前に、愛することを思い出すのか、愛されることを思い出すのか
バンコク、東京、ニューヨーク。一瞬の熱情が、
25年の時を超え、一生の愛になる。

まずDVDを見ました
中山美穂と中島秀俊との 激しい絡みと情景は見ているだけで…+.゜(*´∀`)b゜+
別にいやらしい意味ではないけれど とても魅力を感じる映像でした
日活ポルノを思わせるような バンコクって熱い町なんだなと

期間限定の恋なんてしたことないし 逆に割り切ってるからこそ燃えるのかもしれないけど
結局遊び目的で始まった恋も本気になる ミイラトリがミイラになるってこのことなのかと
本気になればなるほど 相手を独占できないもどかしさ
身を引かなければならないことの歯がゆさ
相手を思えば思うほど 相手に幸せになってほしいから 
そして姿を消し 25年間 彼を愛し続け待つ訳だけれど

こんな辛い恋 身も心もボロボロになるような恋
したいとかしたくないとかそんな次元じゃなくて 出会ってしまったら仕方ない
2人は結ばれなかったけど 愛し抜いたんだと思う

豊と沓子が再開し、食事を取るシーンで
「俺は長い間 何をしてきたんだろう」と豊が自分の過去を振り返り責める
「あなたは会社と家族のために一生懸命してきた 立派なことだ」と沓子が答える
それが全てだったんだと思う

そばに添えなくても 心は添っていた
そんな人に巡り会えただけでも 幸せなことなんじゃないかなあ

ただ
「愛してる」と言えなかった豊の後悔は辛い
死んでからでは伝えられない
愛してる人には 愛してると 誠意を持って伝えよう!
この映画から学んだ大切なことです
| 90点 | comments(0) | - |



スポンサーサイト
| - | - | - |