CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
<< 『男と女の不都合な真実』 | MAIN |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



『ばかもの』
JUGEMテーマ:映画
 地元高崎の大学で気ままな生活を送る19歳のヒデ(成宮寛貴)は、
近所のおでん屋で27歳の額子(内田有紀)と初めて出会った。
額子はヒデを部屋に連れ込み、半ば強引に童貞を奪ってしまう。
ヒデは額子にのめりこんでいく。
ある夜、額子はヒデに唐突に他の男との結婚を告げる。
そして茫然自失のヒデ。
虚しさを紛らわすかのように、ヒデは酒に手を伸ばした。
酒に蝕まれたヒデは会社で疎まれ、恋人や友人は去り、酒を飲み続ける。
事故を契機にヒデはアルコール依存症の治療を受け、快復していく。
額子と出会ってから10年もの年月が流れていた…。
額子に会いたい。気持ちを抑えられないヒデは、額子が住んでいる街へ。
忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる想いが溢れだす…。

成宮君と内田友紀、いい配役です。
内田友紀の年上のお姉さん、そりゃハマルと思います。
童貞を奪う、見捨てる、結婚する
そんな悪女に・・・本当に気の毒、若干20歳の人生も狂っちゃうよ
アルコール依存していく姿は、なぜか共感した
真面目な彼女も、友人も家族も、皆離れていく
本人も、周りも 本当に辛い
人間壊れていくと 修復は難しい

でも 彼女も同じように自分を責め続け、自らも身体障害者となり
一生懸命生きていた。
2人の再開、懐かしくて、でも苦しくて

額子が、「右手を洗ってほしい、わき毛もそってほしい」と
左手がないから、本当に困っているから彼に頼む
「あなたとセックス以外にどうやってつながりをもてばいいの!」の悲痛な叫びに
感情移入・・・
やっと彼が来てくれた
彼とずっと一緒に暮らしたい
でも 素直になれない、彼の人生を歪めたという責任を感じてるし
自らも障害者であるということ

彼も彼なりに彼女を支えたい、でもまた捨てられるのが怖いという恐怖がある
お互いはがゆい

でも 素直にならなあかんなと 学んだわけで
周りの助言も、忠告も、関係なくなるほどどうしようもなく突き動かされることはあるわけで
お互いが納得して一緒にいたいなら 仕方ないわけで
とことん納得するまで一緒にいたらいいと 私は思うのだけれど

この映画は すごいタイミングで出会いました
この映画のおかげで、私の中で考え方が変わった

こうした方がいい こうした方が幸せ、周りも納得する
ではなく
こうしたい、こうなりたい

とことん追求すべきかなと
ボロボロになっても 自分が決めたことなら いつかは周りも理解してくれるかなと
ひらめいた訳で

ありがとうと言いたい気分です
| 90点 | comments(0) | - |



スポンサーサイト
| - | - | - |