CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
<< 『フライトプラン』 | MAIN | 『手紙』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



『硫黄島からの手紙』

2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。
それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に
新たな指揮官、栗林忠道中将(渡辺謙)が降り立った。「死ぬな」と命じる栗林の指揮のもと、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となる。
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。

戦時中とはこれほどまでに過酷で、無惨で、非情なものだったのかと改めて知った。
作り物ではない、忠実に再現されたドキュメンタリーである。
中でも、敵陣に山は占領され退路がなくなった後の、上官からの自決命令。
どうして・・・自ら命を絶たなくてはならないのか・・・矛盾を感じながらも
自決していく仲間達。何故手榴弾持って人生を終えなければいけないのか・・・
他に生き残る手段は無いのか・・・目を背けたくなるが、目を離せない。
上官からの命令は絶対であり、断ろうものなら側射殺・・・すごい時代だ。
西郷(二宮和也)の、ひどい状況下でも最後まで「生きて帰る」と必死に生きる姿に共感した。
栗林中尉の言葉「日本にいる家族の為にここを死守しなければと思う反面、ここで命を
落としたくないと思う自分がいる。矛盾してるよな」の言葉がズシリと胸に刺さった。
誰もが戦っている。だが何の為に・・・?戦うことの意味を考えさせられる。
戦争は、絶対にもう2度と起こしてはならない。
日本人俳優の誰もが素晴らしい演技力であり、クリントイーストウッドの演出力に
感銘を受けた。私の中でもう1度観たい、忘れてはいけない作品となった。
おすすめ点数・85点
| 85点 | comments(0) | trackbacks(0) |



スポンサーサイト
| - | - | - |











http://every-k.jugem.jp/trackback/73