CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
<< 『ダイハード4.0』 | MAIN | 『それでも僕はやってない』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



『さくらん』

演出家・蜷川幸雄の娘で、写真家として有名な蜷川実花が初監督に挑戦。
原作は安野モヨコ、音楽は椎名林檎と、ガールズパワーが結集された1作だ。
金魚や花がふんだんに使われ、時代劇とは思えない遊び心に満ちたビジュアル。

えーー、とにかく映像がきらびやかというか艶っぽいというか、
見ていて楽しめます。写真家→監督となるとまた表現力も見方も変わってくる。
女性軍(特に3人のおいらん。菅野美穂、木村佳乃、アンナ)の、マブに恋する表情や、s○x最中の背中の動きなんかリアルで勉強なります(笑)

ただ、原作の安野モヨコさんのマンガを見てるので
マンガの方が躍動感あって、読み応えもあるし・・・・ちょとストーリーの
進み方が淡々拍子というか・・・ワンパターンかな?

おすすめ点数・75点拍手
| 75点 | comments(0) | trackbacks(0) |



スポンサーサイト
| - | - | - |











http://every-k.jugem.jp/trackback/92