CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
<< 『ペイチェック』 | MAIN | 『きみに読む物語』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



『ブレイブ ワン』
ブレイブ ワン 特別版

あなたは許せますか?彼女の選択を…。
愛する人が殺されたことで、主人公のエリカが、恐怖心から復讐者へと変わっていく過程が生々しい。NYのセントラルパークで暴漢に襲われ、婚約者が死亡。自らも重傷を負ったエリカが、護身用として不法に銃を携帯し、犯罪の現場に居合わせたときに犯人を撃ってしまう。このエリカ役は、下手をすると、まったく共感を呼ばないキャラクターだが、ジョディ・フォスターが演じたことで、観る者を惹きつけるパワーを持ち得た。ただジョディの演技をもってしても、エリカと、事件を追う刑事の絆が導くクライマックスは、賛否両論だろう。

半年放置、ゴメンなさーい。
久々の映画鑑賞はジョディーフォスター。フライトプランぶり。
魅せてくれます、こういう難しい役どころ、悩みぬきふっきれたエリカはかっこよかった。もし自分が事件に遭遇し愛する人を殺されて、今までのようには生活できなくなって、護身用に銃を入手して、命の危険にさらされれば主人公と同じように迷わず相手を撃つだろう。愛する者を失う程もう恐れるものなんてないはずだから。
法も警察も関係ない。自分で制裁してやりたいと思うのは当然。だから見ていてスカッとした。
ただ社会的に見て、たとえば警察官が犯人に同情して養護して逃がすとか…その辺どうかなと思ったりもしたけど、まあその辺は映画ということで。神の制裁として納得。
日本でも銃刀規制厳しいとはいえど、変なやつは大勢いるし、護身用に何か持っておきたい。自分の身、自分の家族は自分達で守らなきゃ!
おすすめ点数・85点!
| 85点 | comments(0) | - |



スポンサーサイト
| - | - | - |